• ホーム
  • 思い当たる場合は要注意!カンジダの感染経路を知って予防しよう

思い当たる場合は要注意!カンジダの感染経路を知って予防しよう

色々な薬

気がつかないうちにカンジダに感染していて驚いたことがある人は多いはずですが、カンジダに感染しないようにするためには感染経路を把握しておくことが大切だと言えます。この病気は様々な感染経路があるので、知らないうちに感染してしまうような危険な行動をしている人は少なくありません。ですが、感染経路を知って正しい予防法を心がけておけば感染を防ぐことができるので、これらについて正しい知識を持つようにしましょう。

カンジダは人からうつされる場合と自己感染してしまう場合の2種類の感染方法がありますが、誰かからうつされるときは性行為もしくはタオルなどを介してうつされることが多いです。コンドームを使用せずに性行為を行った場合は相手の性器や体液などに存在する病原菌が体内に侵入してしまい発症する可能性があるので、感染者とは性行為を避けるべきだと言えます。性行為をするのであれば避妊具を使用するなど、直接接触することがないように気をつけてください。そして、性行為がなくても感染者が使用したタオルや下着を共用すると感染する可能性があるので、感染者とはタオルや衣類を分けるようにしましょう。

自己感染によって発症するときは、初めから体内に存在している常在菌と呼ばれる菌が異常に繁殖して発症してしまいます。特に女性の性器や膣内に症状が見られるときは自己感染による発症が多く、性行為をしていなくても急にかゆみや痛みが生じるようになるはずです。常在菌が異常に繁殖してしまう理由には免疫機能の低下や抵抗力の低下があげられるので、日頃からこれらを向上させるような生活を送ることが予防につながります。発症や再発を予防するためには、規則正しい生活や栄養のある食事、適度な運動習慣などを大切にしてください。

カンジダの感染経路を知ると、感染しそうな行動をしていたとドキッとしてしまう人もいるはずです。思い当たることがあるのであれば、これから先発症してしまうことがないように、感染経路に応じた予防方法を実施していくことを忘れないでください。予防方法は難しいものではなく誰でも簡単にできることなので、誰かから病気をもらったり自己感染したりすることがないように気をつけるようにしましょう。自分が気をつけることも大切ですが、パートナーや家族など共に生活する人がいるのであれば、情報を共有して一緒に予防に努めるようにすることがとても大切なことだと言えます。

関連記事
カンジダを放置してしまった!どのようなリスクが考えられる? 2020年06月09日

性器や膣内に症状があらわれることが非常に多いので、カンジダと思われる症状があらわれても病院に行きたくないと思う人が多いです。たしかに性器や膣内の診察を行ってもらうことには恥ずかしさや気まずさがあるかもしれませんが、カンジダは放置していてすぐに治る病気ではありません。そのままにしておくと悪化してひどい...

糖尿病の患者はカンジダになりやすいというのは本当なのか? 2020年05月13日

糖尿病を患っている人は、他の人と比較するとカンジダなどの病気になりやすいという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。単なる噂話だと思っている人もいるかもしれませんが、これはしっかりとした根拠がある本当の話だと言えます。実際のところ、この病気を患っているとカンジダのような病気に感染しやすい...

カンジダ治療薬のカーネステンクリームは個人輸入で入手できる! 2020年04月10日

カーネステンクリームという薬の名前を聞いたことがある人も多いと思いますが、このカンジダ治療薬は通販でも購入することができます。高い治療効果を発揮してくれる医薬品は病院以外で入手することができないと思われがちですが、個人輸入を行うことができる通販サイトを使えば誰でも購入することが可能です。個人輸入とい...

カンジダ治療薬であるジフルカンの効果と使用上の注意点とは? 2020年04月08日

ジフルカンは内服することができるカンジダ治療薬であり、1回飲むだけで大きな効果を発揮することで多くの人から支持されています。カンジダ治療薬としてとても優れたものだと言えますが、服用することを考えているのであれば効果や使用上の注意点について確認しておくことが大切です。内服タイプのカンジダ治療薬は、広い...

カンジダ治療薬のエンペシドクリームの使い方を知って正しく治そう 2020年04月06日

有名なカンジダ治療薬にはエンペシドクリームと呼ばれるものがありますが、これは塗るだけで症状を改善することができる非常に便利な治療薬だと言うことができます。とても手軽に使用することができるので、カンジダに感染した人で使っている人は多いようですが、使用するのであれば正しい使い方を知っておきましょう。正し...